妊娠したいなら【ビタミンE】は外せない!

ビタミンE「妊娠ビタミン」と言われているくらい、妊娠力に直結すると言われています。

その理由は、ビタミンEが、強い抗酸化作用と自律神経のバランスを整える力があるからなんです。そのために、血流が改善され、ホルモンバランスが整って、卵巣機能や卵子の質が回復するのです。そのため、妊娠ビタミンとまで言われているわけですね。

《ビタミンEが含まれる食材》

アーモンド01
アーモンド、アボカド、ヘーゼルナッツ、落花生、サバ、ウナギ、カボチャ、サツマイモ、ホウレンソウ、キウイ、豆乳など

《ビタミンEが手軽に摂れるサプリメント》

ベジママ03
ベジママは、厚生労働省の1日の摂取目安量を満たす10㎍のビタミンEが入っている葉酸サプリです。

ビタミンEの抗酸化作用で、卵子の質は上がる

まず、何といってもビタミンEの力で凄いのは、抗酸化作用です。


活性酸素が卵子や精子を傷つける

0-65

日常生活で心身がストレスを受けると、体内では「活性酸素」という物質が発生します。
これをそのままにしておくと、活性酸素は体の色々な場所で、細胞を攻撃し始めます。

すると、体内各所の細胞が「酸化」して、体内の様々な器官が「老化」してしまうことになります。卵子や精子も例外ではありません。


ビタミンEは、活性酸素から卵子と精子を守ってくれる

この「活性酸素」を除去する働きを「抗酸化力」と言います。

ビタミンEにはこの「抗酸化力」があります
周囲の細胞の代わりに自分が「酸化」することで、他の細胞の酸化を防いでくれるんです。

この働きによって、ビタミンEは、精子や卵子を活性酸素から守ります。

心身へのストレスも、その結果発生する活性酸素も、日常生活をしている以上避けることはできません。
でも、ビタミンEを摂取すれば、活性酸素による酸化を防ぐ働きがあるので、精子や卵子の質を上げてくれます

なお、ビタミンCを一緒に摂取しておくと、ビタミンCは「酸化」したビタミンEを復活させてくれる働きがあるので、効果がさらにパワーアップするようですね。

(ビタミンC自体にも、強力な「抗酸化力」があります。詳しくはコチラを参照して下さい。)

目次へ戻る

ホルモンを活性化し、妊娠力がアップ

ビタミンEは自律神経のバランスを調整したり、ホルモンを活性化させる働きがあります。

自律神経のバランスを崩すと、妊娠にとって大きなダメージ

0-66

自律神経のバランスを崩すと、ストレスに対処できなくなってしまいます。

そうなると活性酸素が増えて、体内が酸化、老化してしまいますから、妊娠にとっては大きなダメージになりますね。

ビタミンEには、自律神経のバランスを整えて、ストレスに対抗する力によって妊娠力を上げてくれるんです。

ホルモンバランスは正しい排卵の基礎!

また、ビタミンEのホルモンを活性化させるパワーはとても大切ですね。

それは、妊娠するためのしくみが、ホルモンの連係プレーによって成り立っているからです。

0-20

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が脳下垂体に働きかけることで、脳下垂体から、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)が分泌されます。卵巣からは、卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されています。

こういったホルモンが作用することによって、女性は妊娠するための準備を整えていくわけです。

※ホルモンについての説明は「生理、排卵のしくみ」に書いていますので、よかったら読んでみて下さい。


ビタミンEはこれらのホルモンを活性化する力があるので、排卵を促進し、月経異常や子宮内膜環境の改善をすることにつながります。だから、妊娠力に直結するのは言うまでもないことですね。

目次へ戻る

ビタミンEで血流が良くなる。子宮・卵巣環境も改善

ビタミンEは血栓を防ぐ

また、ビタミンEには、血流を良くする働きがあります。

血管内の悪玉コレステロールが活性酸素で酸化すると、過酸化脂質となって血管内に残り、血栓となって血流の障害になります。
ビタミンEは血管内の活性酸素を除去できるので、血栓を防ぎ、動脈硬化などになることを防ぐことができるのだそうです。

そのため、血液がサラサラになり、血管も健康に保てるので、血流が改善します。

子宮と卵巣周りの血流が改善

0-23

血流が良くなれば、当然、子宮への血流も良くなりますから、栄養素や酸素がたくさん子宮に運ばれるようになりますね。


また、卵巣への血流改善も見逃せません。年齢を重ねることで卵巣への血流が悪くなり、結果として卵子の老化を招く可能性もあるそうです。卵巣への血流が良くなることで卵子が老化する要因のひとつが取り除けるなら、やってみる価値はありそうです。

目次へ戻る

不妊治療で行われるビタミンE療法

0-42

クリニックによっては、不妊治療で「ビタミンE療法」というのをやっているようです。


生理開始から排卵までの間、ビタミンEを内服する方法で、子宮内膜を厚くすることを目的としているようですね。前に書いたように、ビタミンEには抗酸化力や血流を良くする力があります。


この力によって、子宮内膜の血管ダメージを減らして血流を増やせれば、子宮内膜を厚くすることができる、というものです。通常は、生理開始から排卵までビタミンEを内服するようですね。

目次へ戻る

ビタミンEが含まれる食材

0-78

基本的にはビタミンEが含まれる食材は、ビタミンCなどとは異なり、比較的、ボリュームのあるものが多いです。

アーモンド・ヘーゼルナッツ・落花生などのナッツ類、かぼちゃ・サツマイモなどの根菜類、またフルーツの中ではアボカド・キーウィなどに含まれます。
おやつとして、つまめるモノも多いですから、上手に摂取していきたいですね。

ビタミンCやビタミンB群とは異なり、水溶性ビタミンではないので、調理中に失われる割合が少ないのも特徴の一つ。
調理しやすいのも嬉しいポイントです。

目次へ戻る

ビタミンEを摂るサプリなら、ベジママがおすすめ

ベジママ03

ビタミンEを含む野菜は限られている上、調理をして加熱すると、食材のビタミンEはある程度失われてしまいます。

毎日の献立を考えるのも面倒・・・ということであれば、サプリメントの活用もおすすめです。

ビタミンEをサプリで摂る時の注意点

厚生労働省がビタミンEの摂取目安量として推奨しているのは、30~49歳の人の場合、1日当たり
男性6.5mg 女性6.0mg(※妊婦6.5mg 授乳婦7.0mg)
となっています。

まず、この目安量に対して、十分にビタミンEが含まれているか?はチェックしてください。

また、ビタミンEは脂溶性なので、水溶性のビタミンCのように、不要分を体外に排出することが出来ません。そのため、蓄積による障害が懸念されるため、サプリメントでの摂取をする時には、1日の耐容上限(30~49歳の場合、男性は900mg/日、女性は700mg/日)に注意して下さいね。

ビタミンEの目安量や耐容上限については、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」に詳しく書いてあります。

ベジママはビタミンEがたっぷり入った葉酸サプリ

ベジママ04サプリメントの中ではベジママがおすすめです。

ベジママは、葉酸のサプリメント。ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB12が厚生労働省の定めた1日の推奨摂取量に対して十分に含まれています。

特に、ビタミンEは8mg含まれていて、厚生労働省の定めた目安量の6.0mgを十分にクリアしています。

ここまでビタミンEがしっかりと配合された葉酸サプリは、実は、ほとんどありません
※唯一あるとすれば美的ヌーボなのですが・・・粒が大きくて飲みづらいです。

よかったら次の記事も読んでみて下さい。ベジママの体験レビューを、写真つきで詳しく書いています。

ベジママ詳細レビュー

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


対談動画_質問募集

サブコンテンツ

このページの先頭へ