妊活中のミネラル不足は危険!鉄・亜鉛・カルシウムをしっかり摂取

厚生労働省は、「妊産婦のための食生活指針」というのを発表していて、そこで妊娠前から妊娠中に摂取すべき栄養素について、細かく推奨をしています。その中に、副菜によって、ビタミン・ミネラルをしっかりと摂ることを呼び掛けているので、少し詳しくまとめてみました。

妊活中に必要なミネラルは主に、カルシウム・鉄・亜鉛の3つになります。

カルシウムは妊活中に蓄えを作っておくのがポイント

【カルシウムが多く含まれる食品】

 牛乳、チーズ、豆腐、大根、小松菜、シシャモ、いわし、ゴマなど


カルシウムは、胎児の骨を作るために必要で、母親の骨からカルシウムが渡されます。

胎児の骨は、母親の骨のカルシウムから作られることがわかっていて、特に妊娠したからと言って、摂取すべきカルシウムを増やす必要はありません。

でも、その一方で、妊活中には、できればそれ以前から、カルシウムを意識してしっかり摂取する必要があるんです。

その理由は、日本人の「カルシウム不足」。

厚生労働省から成人女性に推奨されているカルシウムの量は、1日あたり500~600mgなのですが、実際に摂取されているカルシウムの量はそれを大きく下回っています。

そのため、妊活中にしっかりとカルシウムを補給して、自分の骨に蓄えておかなとなりません。

妊娠すれば、母親の骨のカルシウムは、胎児のためにどんどん使われますから、推奨よりもカルシウムの量が少なければ骨粗しょう症などのリスクも発生します。

鉄不足は女性に多い。妊活中は特に注意して!

【鉄分が多く含まれる食品】

 干しエビ、しじみ、青のり、ヒジキ、レバー、ゴマ、アーモンドなど


鉄は体内で、「赤血球」という血液の成分を作る働きがあります。この赤血球は酸素を運ぶ役割があるので、妊娠した時に、胎児に酸素を送るためには不可欠な成分です。

また、貧血状態になると、イライラ、うつ、立ちくらみ、頭痛、肩こりなどになる人も多いので、妊活・妊娠を良好なメンタルで過ごすためにも、鉄は妊活に必須ですね。

この鉄分なんですが、実は摂取するには気を付けた方が良いことがいくつかあります。間違った摂取方法を選択してしまうと、効率が悪くなるばかりか、妊娠に悪影響が出る場合すらあります。まさに、妊活にとって諸刃の剣になる可能性があるわけです。

亜鉛は、妊活中に夫も摂取すべきミネラル

【亜鉛が多く含まれる食品】

 牡蠣、牛肉、アーモンド、煮干し、レバー


亜鉛は、精力増強剤に使われているイメージを持っている人も多いと思います。

実際、亜鉛はホルモン代謝に影響するので、男性の性欲を増強する働きがありますね。ですから、亜鉛=精力増強というイメージは間違っていません。

でも、亜鉛が人体に与える影響、妊活に与える影響はそれだけではなくて、女性の妊娠にも、そして胎児の形成にも関わってきます。

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ