妊活中のプレ更年期障害、若年更年期障害に注意!

更年期障害・・・
一般的には、45~55歳で女性が経験するものですが、最近では、同じような症状を、もっと若い年齢で経験している人が増えているようです。

これをプレ更年期障害、若年更年期障害と言う風に呼んでいます。

放っておくと卵巣機能の低下や不妊につながるので、妊活を考えている人、もしくは妊活中の人は、必ずケアをした方が良いです。
以下、プレ更年期障害 不妊の関係、予防方法について書いていきます。

そもそも更年期障害とは?

Woman's hands on stomach

一般的な更年期障害について、簡単に整理しておきます。
更年期障害は、45歳から55歳くらいまでに、女性が一度は経験する症状ですね。

私たちの体内で、心や体の「女性らしさ」を作り出しているホルモンを「女性ホルモン」と言いますが、そのうちのひとつが「エストロゲン」です。
エストロゲンは卵巣で作られていて、20代に最も分泌量が多くなるのですが、年齢とともに、その分泌量は減っていきます。

45~55歳という閉経間近の年齢になってくると、卵巣から分泌されている「エストロゲン」の量が減っていきます
そうなると、体のあちらこちらに不快な症状が出てしまうわけです。

これが更年期障害で、よくある症状が、「不眠症、うつ、体がほてる・のぼせる、汗が止まらない、手足が冷える、慢性的な肩こりやイライラ、倦怠感がある」などです。

35歳からはプレ更年期障害のリスクがある

こういった更年期障害と同じような症状が、30代後半~40代前半に出てしまうのが
プレ更年期障害
になります。

プレ更年期障害になる原因も、一般的な更年期障害と同じく、エストロゲン(女性ホルモン)の減少です。
でも、更年期障害でエストロゲンが減るのは、45歳という年齢のせいだったはず。
じゃあ、なんで35歳という若い年齢で、エストロゲンが減ってしまうのでしょうか。

実は、この原因は、心身のストレスによる自律神経の乱れにあるんです。

心身のストレスっていうと、具体的には・・・

  • 職場や家庭でのストレス
  • 睡眠不足
  • 冷え
  • 栄養バランスが崩れている
  • 生活のリズムが乱れている

みたいなモノです。

こういったストレスは自律神経を乱します。
自律神経というのは、私たちが意識的にコントロールできない、汗をかく・血液を流す・体温を調節するといった体の機能をコントロールするものです。

fotolia_104801174_xs

この自律神経は脳の「視床下部」という部分のすぐ近くにあります。
脳の視床下部は、卵巣に「エストロゲンを出しなさい!」って働きかける機能を持っています。
そのため、自律神経が乱れると、すぐ近くにある視床下部にも影響が及んで、その結果、卵巣に「エストロゲンを出しなさい!」って指示する機能も乱れてしまうわけですね。

そうすると、エストロゲンの分泌量が減ってしまうわけです。
エストロゲンの分泌量が減ることで、更年期障害と似た症状が出てしまう・・・というのが、プレ更年期障害になってしまう原因というわけです。

プレ更年期障害を放っておくと、不妊の原因に!

プレ更年期障害はもちろん辛い症状ですが、それ以上に、妊活をしている人は、プレ更年期障害にならないようにケアする必要があります。

プレ更年期障害になると、上で説明したように、脳の視床下部の機能が乱れてきます。
脳の視床下部というのは、FSH(卵巣刺激ホルモン)やLH(黄体化ホルモン)を分泌する大切な器官です。

FSHによって卵巣は卵胞を育て初め、LHによって排卵を指示されます。
この2つのホルモン分泌が正常に行われなくなれば、卵巣機能は、もちろん低下してしまいますよね。

卵巣機能が低下すれば、妊娠し辛くなります。
妊活するなら予防しないとならないですね。

プレ更年期障害の予防方法と治療方法

前でも書いたように、プレ更年期障害の原因は、心身のストレスです。
心のストレスをためるなというのは難しい話なので、まずはストレスからの回復方法と、体へのストレス軽減を考えるのが一番の予防です。

mama-hamster1

まずは、何といっても、規則正しい生活をして、バランスの良い食事を摂ることですね。
あと、睡眠時間をしっかりととること。

それから、冷えの予防もやっておいた方が良いです。
妊活には【冷え取り】が大切!」でも書いたように、冷え取りの方法は色々あります。
でも、中でもお勧めしたいのは、冷え取りの入浴方法ですね。
1日の心身のストレスを摂るには、即効性があると思います。

抗酸化作用のあるものを摂るのも大切です。
特にビタミンCは抗酸化作用があるサプリとしては王道ですし、どこでも手に入ります。

最近は、プレ更年期障害の治療をしているクリニックも増えているようですね。
ホルモン補充療法、漢方、プラセンタ注射などで治療することが多いようです。

妊活のためには、若年更年期障害にも注意!

これは、ちょっとビックリしてしまったのですが、「若年更年期障害」というのがあって、なんと、20代~30代前半の人でも、更年期障害と似た症状が出る場合があるそうです。

原因は、プレ更年期障害と同じようですが、特に

  • 無理なダイエット
  • 冷え
  • 喫煙

が原因になっている場合が多いようですね。

上記3つは、いずれも、妊活にとっては避けないとならないことです。
ただ、それが悪化してしまうと、更年期障害のような重い症状になってしまい、治療が必要になってしまうわけです。

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ