DHA、EPA、オメガ3脂肪酸|妊活に大切な理由とは?

DHA EPAってよく聞く名前だと思います。魚に含まれているとか、頭を良くするとか、そんな話を聞いたり、読んだりしたことあるのではないでしょうか?実は、このDHAとEPA、妊活の時にとても大切な栄養素のひとつだったりします。

《DHA・EPAが含まれる食材》
 イワシ、サバ、サンマ、マグロ脂身、ブリ、ウナギ、ハマチなど

《DHA・EPAが手軽に摂れるサプリメント》

ハグラビ01

妊活系のサプリでは珍しい、DHA・EPA専用のサプリ。
DHAの配合量やコスト面でメリットが大きな妊活サプリです。

ハグラビの詳細はこちら

美的ヌーボプレミアム03

東尾理子が妊活で使っていたことで有名な、天然成分の妊活サプリ。
リニューアルして、DHA・EPAが摂れるようになりました。

「美的ヌーボプレミアム」

《DHA・EPAを食事で摂りたいなら》

亜麻仁油06

あくまでも食事で摂ることにこだわる人にはお勧め。
作った料理にかけて食べるだけで、DHA・EPAを摂ることが出来ます。

料理にかけて食べる「母油」

DHAやEPAは脂肪の仲間

脂肪は人間にとって大切なもの

突然ですが・・・DHAもEPAも、脂肪の仲間であるオメガ3脂肪酸に含まれる物質です。

脂肪って聞くと、どうしてもダイエット・メタボの敵なので、悪い印象があると思うんですが、実際にはそんなことはなくて、人間にとってはとても大切なものなんです。

ただ、摂りすぎると良くないというだけです。

Woman's hands on stomach

脂肪は、

  • 血糖値をコントロールする
  • 血栓を防ぐ
  • 性ホルモンを作る

など、妊活には欠かせない働きをするので、とても大切です。

詳しくは「脂質は大切!でも【妊活の敵】になる脂質も」に書いていますので、良かったら読んでみて下さい。

脂肪の分類をしてみると・・・DHAとEPAは脂肪の仲間です!

さて、この脂肪の中には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸というものがあります。不飽和脂肪酸の中には、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸というのがあります。

一価不飽和脂肪酸というは、いわゆる「オメガ9脂肪酸」と呼ばれるもので、オレイン酸と呼ばれる脂肪酸もこの仲間ですね。

オリーブ油に含まれていて、CMや広告なんかで見たことがある人もいるかもしれませんね。

Fotolia_70075439_XS

多価脂肪酸はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸にわかれます。

オメガ3脂肪酸の中にはいくつかの脂肪酸があるのですが、この中の1つがDHAであり、EPAになります。

主に、魚介類に含まれています。

※一般的に本などで表記されている、「オメガ3脂肪酸」「オメガ3系脂肪酸」「n-3系脂肪酸」はすべて同じ物質を指します。

ちょっとわかりにくいと思うので、表にしますね。

飽和脂肪酸 動物性油脂
不飽和脂肪酸 一価不飽和脂肪酸 オメガ9脂肪酸 オレイン酸 オリーブ油など
多価不飽和脂肪酸 オメガ3脂肪酸 DHA
(ドコサヘキサエン酸)
EPA
(エイコサペンタエン酸)
αリノレン酸
魚介類
オメガ6脂肪酸 ARA(アラキドン酸)
リノール酸
一般の植物油

DHA EPAは、国が摂取を推奨している栄養素

厚生労働省 日本人の食事摂取基準」に出ているのですが、国は、1日あたり1gのDHA EPAの摂取を推奨しています。

その理由なんですが、国が発刊している漁業白書にると、

  • 血栓を防ぐ
  • 血中のLDL(悪玉)コレステロール値を低下させ、脳梗塞、心筋梗塞などの血管障害を予防する
  • アレルギー反応を抑制する
  • 脳神経系に高濃度で分布し、情報の伝達をスムーズにする
  • 脳の発育や視力の向上に関与している

といったことを上げていますね。

Fotolia_83021052_XS血栓を防いだり、血管障害を予防することで血流改善が期待できるので、卵子の老化を防ぐことや子宮環境を整えること、精子の劣化を防ぐことなど、妊活には欠かせない要素につながっていきます。

さらに、脳の発達に関与しているところは見逃せません。

以下は消費者庁のホームページに掲載されているデータなのですが、DHA&EPAの効果について掲載されています。

機能 評価
心血管疾患リスク低減 A
血中中性脂肪低減作用 A
血圧改善作用 C
関節リウマチ症状緩和 A
乳児の生育、行動・視覚発達補助 B
うつ症状の緩和と発生率低下 C

A 機能性について明確で十分な根拠がある/B 機能性について肯定的な根拠がある/C 機能性について示唆的な根拠がある

一昔前に流行った、
「さかな、さかな、さかな~、魚をたべ~ると~、あたま、あたま、あたま~、頭が良く~なる~♪」って歌は、下から二番目の「乳児の生育、行動・視覚発達補助」を指しているわけですね。

DHA EPAは何を食べたら摂取できるのか?

DHA EPAは、魚介類であれば何を食べても摂取できる!っていうモノではないようです。DHAやEPAの含有量は、魚の種類によって違ってきます。DHA EPAを効率良く摂取しようとしたら、魚の種類は選ばないとなりませんね。

Fotolia_68277194_XS

DHAやEPAが多く含まれる魚は、
サバ・イワシ・サンマ・カツオなどの青魚
マグロ、ウナギ、ハマチ
などです。

ただ、調理法に注意しないと、口に入れる時にはDHAやEPAが減ってしまうことになります。

煮炊きしたり、揚げ物にしたり、焼いたりすると、DHAやEPAは外に逃げてしまうので、調理法に工夫が必要になります。

DHA、EPAはサプリメントから摂った方が楽な場合も・・・

上に書いたように、DHAとEPAは、調理方法を工夫しないとしっかりと摂取できません。お刺身を食べて入れば苦労しないでも良いのですが、さすがに毎日食べていると飽きてしまうし、食費も大変です。

そんな場合は、サプリメントを利用した方が手っ取り早いと思います。サプリメントなら魚が苦手な人でも摂取できるのでお勧めです。

DHA・EPAのサプリなら「ハグラビ」「美的ヌーボプレミアム」

ハグラビ02

DHA・EPAを妊活のために摂りたいなら、ハグラビがオススメです。
DHA・EPAの配合量が他のサプリよりも多いのと、初回980円で購入できる価格面のメリットが大きいです。
また、サプリの定期購入で一般的な「〜ヶ月は続けてください」という継続義務もなく、休止・解約が自由なところも、ポイントです。

美的ヌーボプレミアム04妊活に必要なすべての栄養素を一度に摂りたいなら「美的ヌーボプレミアム」はオススメです。

東尾理子が妊活で使っていたことで有名なサプリで、妊活に必要なあらゆる成分が、美的ヌーボプレミアムだけで摂れます。原材料は、全て天然由来のものなので、オーガニックで体に優しいです。

ただし、価格が高いのと、粒が大きいのがネックです。

DHA・EPAを食事で手軽に摂るなら母油

亜麻仁油06また、DHAやEPAをサプリでは無くて食事で摂りたい人には、亜麻仁油の「母油」がおすすめ。オメガ3脂肪酸・DHA・EPAがたっぷりと摂れます。

しかも、生野菜など、色々な料理にかけて食べられるので、飽きることもありません。

何よりも手軽で、とっても美味しいですよ!

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ