宮城県の不妊治療助成金

宮城県に在住の人が受けられる、不妊治療助成金について調べてみました。

不妊治療助成金には

  • 国が定めたものを県が実施している不妊治療助成金制度
  • 市町村が独自に定めて実施している不妊治療助成金制度

の2つがあります。

それぞれ、内容が違いますので、以下で説明したいと思います。

宮城県が実施する不妊治療助成金について

国が定めて宮城県が実施している不妊治療助成金は、宮城県の場合は、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」という名前で実施されています。

この助成制度は特定不妊治療(体外受精・顕微受精)に対するものです。
そのため、タイミング法や顕微受精の段階では、助成金は申請できません。

助成金額は、基本的に1回の治療に対して15万円(治療内容によっては7.5万円)となっています。
この金額は、国が定めているものなので、基本的に全国一律です。

都道府県によっては、上乗せ助成をしているところもあるのですが、宮城県の場合は、上乗せ助成はありません。

また、年齢による制限や、収入制限もありますので、詳細は以下を参照して下さい

なお、基本的に、問い合わせ・申請の窓口は宮城県なのですが、仙台市に在住の人は、窓口が仙台市になります。

市町村が独自に実施している不妊治療助成金について

宮城県内の市町村による助成金制度

宮城県内の全ての市町村ではないのですが、一部の自治体で、独自の不妊治療助成金の制度を設けているところがあります。

助成内容は、市町村によって変わります。
ただ、宮城県内の市町村の場合、対象は特定不妊治療になっているところが、ほぼすべてですね。

基本的には、特定不妊治療でかかった治療費のうち、県の助成金では足りなかった分について、上限を決めて助成するようになっています。
上限は、1回当たり10万円のところと、1年度当たり10万円のところが多いですね。

市町村の不妊治療助成金一覧

以下、宮城県内の市町村が独自に実施する不妊治療助成金制度について、一覧にします。
各自治体のホームページ上で確認ができなかったものについては、記載していません。

また、データは平成26年に初めて助成金申請をする場合のデータです。
現在制度の移行期間で、年齢などによって制度運用が少し複雑になっています。
助成金の利用を検討する時には、必ず各自治体に、直接問い合わせてくださいね。

自治体 助成金(限度額) 利用可能回数
白石市 特定不妊治療 100,000円/年 通算5年間
名取市 特定不妊治療 100,000円/回
※ステージC,Fは50,000円/回
県の助成を受けた治療について
角田市 特定不妊治療 100,000円/年 通算5年間
岩沼市 特定不妊治療 100,000円/回
※ステージC,Fは50,000円/回
県の助成を受けた治療について
登米市 特定不妊治療 100,000円/年 通算5年間・年2回
栗原市 特定不妊治療 100,000円/年 通算10回
初年度は年3回、以降は年2回
七ヶ宿町 特定不妊治療 100,000円/年 通算2年間
大河原町 特定不妊治療 100,000円/年 年1回、5年間
色麻町 特定不妊治療 100,000円/年 5年間
県助成を受けた治療に関して
加美町 特定不妊治療 100,000円/年 5年間

見出し_妊活とお金013見出し_妊活とお金023

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ