福岡県の不妊治療助成金について

  • LINEで送る

福岡県の不妊治療助成金についてまとめていきたいと思います。

不妊治療助成金は、

  • 国が定めて県が実施している「不妊に悩む方への特定治療支援事業」
  • 市町村が独自に定める不妊治療助成金制度

の2種類があります。

県が実施している助成金制度は、問い合わせ・申請窓口は福岡県、市町村独自の助成金制度は、在住の市町村が窓口になるので注意して下さい。

福岡県が実施している不妊治療費に対する助成金制度について

不妊に悩む方への特定治療支援事業について

福岡県が実施している不妊治療助成制度は、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」という名前です。

これは、国が定めている制度なので、基本的に全国一律の助成制度です。
都道府県によっては、国が定めている制度に、少し金額を上乗せして助成するところもあるのですが、福岡県は、国の制度をそのまま実施しています。

なお、基本的には福岡県が窓口になるのですが、福岡市・北九州市・久留米市に在住の場合は、市町村が窓口になります。

福岡県が実施する不妊治療助成金制度の内容については、国の制度と同じなので、以下を参照して下さい。

久留米市に在住の場合、上乗せ助成がある

久留米市に在住の場合は、国の定めた助成金にさらに金額を上乗せした助成が受けられます

各年度の最初の回だけ、助成限度額が

  • ステージA,B,D,E・・・通常15万円  ⇒ 20万円
  • ステージC,F  ・・・通常7.5万円 ⇒ 12.5万円

まで上乗せされます。

助成回数・年齢に関する規定などについては、国が定めている制度と変わりません。

福岡県の市町村が独自に実施している不妊治療助成金制度について

福岡県の市町村が独自に実施している不妊治療助成金もあります。

ただし、市町村独自の判断で制度を作っていますので、実施していない市町村もあります

福岡県には60の市町村があるのですが、そのうち、独自に不妊治療に対する助成金制度を設けているのは、8市町村。
他の都道府県と比べると、すこし少ないです。

市町村独自の不妊治療に対する助成金制度の一覧

以下、福岡県の市町村が独自に実施している、不妊治療費に対する助成制度の一覧を掲載します。
各自治体のホームページ上で確認ができなかったものについては、記載していません。

また、データは平成26年に初めて助成金申請をする場合のデータです。

現在制度の移行期間で、年齢などによって制度運用が少し複雑になっています。
助成金の利用を検討する時には、必ず各自治体に、直接問い合わせてくださいね。

自治体 助成金(限度額) 利用可能回数
田川市 特定不妊治療 50,000円/回 県助成を受けた治療に対して
柳川市 特定不妊治療 50,000円/回 県助成を受けた治療に対して
八女市 特定不妊治療 50,000円/回 県助成を受けた治療に対して
一般不妊治療 30,000円/回 年度1回、連続する3年度
大川市 特定不妊治療 70,000円/回 県助成を受けた治療に対して
大木町 特定不妊治療 70,000円/回 県助成を受けた治療に対して
吉富町 特定不妊治療 100,000円/回 県助成を受けた治療に対して
築上町 特定不妊治療 100,000円/回 県助成を受けた治療に対して

見出し_妊活とお金013見出し_妊活とお金023

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ