男性更年期障害がセックスレス・EDの原因に!

  • LINEで送る

妊活中にセックスレスやEDになった場合は、男性更年期障害の可能性もケアした方が良いかもしれません。

結論から言うと、もし男性更年期障害になっている場合は、「男性更年期障害外来」とか「メンズクリニック」を調べて、診てもらった方が良いです。

放っておくと生活習慣病の引き金にもなりかねないようですね。

男性更年期障害とは何か?

男性更年期障害とは?

男性更年期障害というのは、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも言われているもので、

  • 40代~50代の男性が
  • 男性ホルモン(テストステロン)の急激な減少で
  • 様々な体の不調を訴える症状

というものです。

男性更年期障害の症状は?

具体的な症状はとても多くて・・・

  • 疲労感が抜けない、不安・イライラに襲われる、全身の倦怠感、うつっぽい状態になる
  • 性欲の低下、ED(勃起不全)
  • 不眠、・集中力の低下・頭重感
  • 筋力の衰え、頭痛や肩こり、めまい、動悸・息切れ、手足のしびれ

といった症状が、日替わりで色々と現れるケースが多いようですね。

なぜ妊活に、男性更年期障害のケアが必要?

男性更年期障害には、EDのリスクがある

男性更年期障害が妊活にとって問題になるのは、
性欲の低下、ED(勃起不全)
を伴うということ。

放っておくと、EDになりかねないため、タイミング法にトライすることが出来なくなってしまいます。

不妊治療が遅れる原因になりかねない

また、夫が40代以降であるケースに発生するものなので、必然的に、妻も妊娠確率が低い年齢に差し掛かっている可能性が大きいですよね。

もし、男性更年期障害の治療を受けることなく、問題が解決しないまま無駄な時間を過ごしてしまえば、歳を追うごとに妊娠率が下がっていきます。

妊活にとって致命傷になりかねないわけです。

男性更年期障害の原因は?

男性更年期の原因は、男性ホルモンの減少

男性更年期障害の原因はテストステロン(男性ホルモン)が急激に減少するからです。

テストステロンは、色々な働きをしていて、性欲や生殖機能にかかわるのはもちろんですが、筋肉や骨格を作ったり、脳の働きに関係したりしています。

簡単に言えば「男らしさを作っている」ホルモンだと考えて良いと思います。

男性ホルモンが減少する理由は?

では、このテストステロンが減少してしまう理由は何でしょうか?

その理由は、ストレスなんです。

自律神経について

人間には「自律神経」というものがあって、自分の意志では動かせない血液の流れとか、血圧とか、心拍数などをコントロールしている神経があります。

この自律神経には、体を活動的にするためにはたらく「交感神経」と、体を休ませるために働く「副交感神経」があります。

そして、この「交感神経」と「副交感神経」が相互に作用しながら、人間の体はバランスが取れるしくみになっていて、うまい具合に体と心を休ませることができるわけです。

ストレスで自律神経のバランスが崩れる

ところが、イライラ・不安や興奮状態などが続くと、交感神経ばかりが働くことになってしまい、自律神経はバランスを崩します。

実は、この「交感神経」が働いている状態、つまり興奮している状態では、テストステロンの分泌は抑えられてしまうんです。

自律神経のバランスが崩れると、男性ホルモンが減る

そのため、強いストレスを受けている時間が長くなると、交感神経が長い時間働き、結果として、テストステロンの分泌が抑えられてしまいますね。

このようにして、ストレスによって、テストステロンの分泌が抑えられ、男性更年期障害を引き起こしてしまうわけです。

男性更年期障害になると、なぜEDになるのか?

男性ホルモンが血液をサラサラにしている

では、男性更年期障害になると、なぜEDになることがあるのでしょうか。

男性更年期障害がテストステロン(男性ホルモン)の分泌が激減することによって引き起こされることは、前に説明した通りです。

このテストステロンが血管内被に働きかけることで、血液中にはNO(一酸化窒素)という物質が発生します。このNOはとても大切な物質で、血液が固まったりしないように、血液をサラサラにしてくれる働きがあるんです。

男性ホルモンの減少が血流を悪くする

ところが、男性更年期障害になって、テストステロンの分泌が少なくなると、NOの発生も少なくなりますね。そうなると、血管中に血栓などの血流障害が発生してしまうんです。つまり、男性更年期障害が血流を悪くしているということです。

この血流障害は、男性の勃起機能にはかなりのダメージになります。

血流が悪くなると、EDになる

勃起と言うのは、ペニスの海綿体に血液が流れ込むことでペニスを膨らませるから起こる現象です。

ところが、血流が悪くなるとペニスに血流が流れ込みにくくなりますよね。特に、ペニス近辺の動脈は、他の場所の動脈に比べてかなり細くて、血液がつまりやすいんです。

※ペニス付近の動脈の直径は1mmでかなり細いが、頸動脈は5~7mm、大動脈は6~8mmの太さがある。

このように、
テストステロンの分泌が減少⇒NOが減少⇒動脈に血栓ができる
という様にして、ペニスへの血流が悪くなって、勃起できなくなるというのが、男性更年期障害がEDに結びつく理由になります。

夫の年齢が40代なら、男性更年期障害は視野に入れて

妊活中のセックスレスやEDは、精神的なものが原因の可能性が大きいようですが、万が一男性更年期障害だった場合は、少しでも早い治療が必要です。

素人判断ができないところなので、男性更年期障害の症状で思い当たる部分がある場合は、医師への相談はしておいた方が良いと思います。


なお、男性用の妊活サプリを探している人は、次の記事を参考にしてください。


男性用妊活サプリ スクリーンショット 2016-08-01 20.46.16 精子の質 元気がない

サブコンテンツ

このページの先頭へ