愛知県の不妊治療助成金について

  • LINEで送る

愛知県は、一般不妊治療への助成制度が県全体として整備されているとことが特色です。

県全体として一般不妊治療に取り組む体制は、全国的に見てレアケースです。

愛知県が実施している不妊治療助成制度について

まず、国が定め各都道府県が実施する助成制度があります。

これは「特定不妊治療費助成事業」と呼ばれていて、体外受精・顕微受精が対象となります。

この制度は全国一律で実施されているものです。
ただし、都道府県によっては、上乗せ助成などをおこなっているところもあります。
愛知県では、上乗せ助成などは行わず、国が定めた制度をそのまま実施をしていますね。

基本的には愛知県が、問い合わせ・申請の窓口になります。
ただし、名古屋市・岡崎市・豊橋市・豊田市の4市に在住の場合は、市が窓口になりますので注意して下さい。

市町村が行っている助成制度について

一般不妊治療に対する助成制度について

特定不妊治療に対する助成制度とは別に、愛知県では一般不妊治療への助成制度を整備しています。
※一般不妊治療と言うのは、タイミング法・人工授精のステップで行う諸々の治療の総称です。

県全体として一般不妊治療の助成制度を整備しているケースはめずらしく、とても先進的な取り組みだと思います。

一般不妊治療に対する助成金については、愛知県のホームページでも記載があります。
ただ、実際には各市町村を通じて行われていて、助成の範囲や金額、期間なども市町村によって異なるので注意が必要ですね。

特定不妊治療に対する助成制度

愛知県が実施しているものとは別に、市町村独自で特定不妊治療に対する助成制度を実施している自治体もあります。

一宮市、東郷町、東海市、西尾市の4市で、県助成を受けてもまだ不足がある場合のために、特定不妊治療への助成金制度が作られています。

愛知県内の市町村の助成金制度一覧

以下、愛知県内の市町村が行っている助成金制度の一覧です。
各自治体のホームページ上で確認が出来たものだけを記載しました。

データは平成26年に初めて助成金申請をする人を対象にしたものです。
年齢や助成開始年度によって助成内容が変わる場合もあります。
助成金の利用を検討する時には、必ず各自治体に、直接問い合わせてくださいね。

自治体 助成金(限度額) 利用可能回数
名古屋市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
一宮市 特定不妊治療 50,000円/回 通算2回
県助成を受けた治療に対して
一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
瀬戸市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
春日井市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
犬山市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
江南市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
小牧市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
稲沢市 一般不妊治療 60,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
尾張旭市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
岩倉市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
豊明市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
日清市 一般不妊治療 100,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
清須市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
北名古屋市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
長久手市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
東郷町 特定不妊治療 100,000円/回 1年度1回、通算5回
一般不妊治療 50,000円/年 2年間
豊山町 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
大口町 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
扶桑町 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
津島市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
愛西市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
弥冨市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
あま市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
大治町 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
蟹江町 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
飛島村 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
半田市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
常滑市 一般不妊治療 50,000円/年 2年間
東海市 特定不妊治療 100,000円/年 県助成の対象となる治療について
一般不妊治療 全額 2年間
大府市 一般不妊治療 100,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
知多市 一般不妊治療 100,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
阿久比町 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
東浦町 一般不妊治療 全額 2年間
南知多町 一般不妊治療 100,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
美浜町 300,000円/年
※詳細は要問い合せ
2年間
武豊町 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
岡崎市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
碧南市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
刈谷市 一般不妊治療 100,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
豊田市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
安城市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
西尾市 特定不妊治療 50,000円/回
自己負担分の1/2
県助成の対象となる治療について
一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
知立市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
高浜市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
みよし市 一般不妊治療 100,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
幸田町 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
豊橋市 一般不妊治療 45,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
豊川市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
蒲郡市 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
新城市 一般不妊治療 70,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
田原市 特定不妊治療・一般不妊治療を合わせて
 100,000円/年
特定不妊治療 通算5年度
一般不妊治療 2年間
設楽町 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
東栄町 一般不妊治療 50,000円/年
自己負担分の1/2
2年間
豊根村 要問合せ

見出し_妊活とお金013見出し_妊活とお金023

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ