香川県の不妊治療助成制度について

香川県の不妊治療に対する助成金制度は、他の都道府県と比べてるとやや手厚い水準だと思います。

県が実施している不妊治療助成金は、国が定めたものに上乗せして助成をしてくれます。
一方で、市町村が独自に実施する助成金制度は、自治体によってバラつきがあります。

香川県が実施する「特定不妊治療費助成事業」

不妊治療に対する助成金制度は、県が実施しているものと、市町村が独自に実施しているものの2種類があります。

そのうち香川県の不妊治療に対する助成金制度は、「特定不妊治療費助成事業」と呼ばれているもので、国が定めて全国の各都道府県が実施しているものです。

基本的には助成内容は全国一律なのですが、香川県はこれに、県独自の上乗せ助成を行っています。
内容としては、通算2回まで、1回当たり5万円の上乗せをしてくれるというもの。

初めて助成申請した年度などによっては制限もあるので、詳細は香川県に問い合わせてみて下さい。
なお、高松市在住の場合は、高松市が問合せ・申請の窓口になります。

市町村が独自に実施する、不妊治療に対する助成金制度

一方で、香川県の市町村が独自に実施する助成制度の内容は、自治体によって独自色を出している反面、周知徹底が十分になされていないケースもあって、バラツキ感があります。

また、一般不妊治療に対する助成制度を設けているのは三豊市だけになっています。

以下、香川県の市町村の不妊治療助成金の一覧です。
ホームページに十分な情報が開示されていない市町村については、情報を掲載していません。
また、データは平成26年度以降に初めて申請をする人を対象にしたものです。
あくまでも大雑把なデータですので、利用を検討する場合には、必ず在住の市町村に確認してくださいね。

自治体 助成金(限度額) 利用可能回数
丸亀市 特定不妊治療 10万円/回 県の助成を受けた治療について
坂出市 特定不妊治療
 ステージA, B, D, E 10万円/回
 ステージC, F 5万円/回
県の助成を受けた治療について
善通寺市 特定不妊治療 10万円/回 20万/年 県の助成を受けた治療について
通算5年間
観音寺市 特定不妊治療 20万/年 通算5年間
三豊市 特定不妊治療 20万/年 通算5年
特定不妊治療 5万/年 通算5年
土庄町 特定不妊治療 20万/年
県助成を控除した額の1/2
通算5年間
三木町 特定不妊治療 20万円/回 30万/年 通算5年間
直島町 特定不妊治療 10万円/年
※要問合せ
通算2年間
まんのう町 特定不妊治療 10万円/回 県の助成を受けた治療について

見出し_妊活とお金013見出し_妊活とお金023

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ