京都府の不妊治療助成金制度について

京都府の不妊治療助成制度は、全国でもトップクラスの内容だと思います。

府が行う特定不妊治療への助成回数が他の都道府県よりも多い他、男性不妊治療への助成制度を市町村が独自に設けているところがほとんど。
その充実ぶりは、全国的に見て、抜きんでていると思います。

京都府が実施している助成制度は助成回数が多い

京都府が実施している助成制度は、「特定不妊治療費助成事業」と呼ばれているもので、体外受精・顕微受精の助成を行うものです。

「特定不妊治療費助成事業」は、国が定めている不妊治療助成制度で、各都道府県が一律に実施しているものです。
ただ、京都府はこの制度をさらに拡充させて、国が定めている回数よりも多い助成回数を設けています。

国が定めている制度では、通算6回までしか特定不妊治療への助成が受けられません。
ところが、京都府は県独自の制度として、助成回数をさらに4回増やし、合計10回の助成を受けられるようにしているのです。

ただし、この回数については、年齢制限もありますので、注意して下さい。
また、基本的に申請・問合せは京都府に行うことになりますが、京都市に在住の場合は、市が申請・問合せの窓口になるので注意して下さいね。

※京都府が実施する助成金に関する情報については、京都市のホームページを参照しています。

※同ページに「一般不妊治療」に対する助成金の記載がありますが、これは市町村が実施しているものですので、この記事の次の項目で説明します。

京都府の市町村が独自に実施している助成金制度

京都府が実施している不妊治療助成金とは別に、市町村が独自に実施している助成金制度もあります。

府内で一律実施している、一般不妊治療への助成制度

京都府では、府内の市町村が一律で一般不妊治療への助成制度を設けていて、これを「不妊治療給付事業助成制度」と呼んでいます。
都道府県内で、一般不妊治療を対象とする助成制度が一律実施されているケースは珍しいですね。

助成内容は、

  • 人工授精・・・1年度あたり10万円
  • その他の一般不妊治療・・・1年度あたり6万円

を上限として、自己負担額の1/2まで助成するというもの。

助成回数や助成期間には制限がありません。

ほとんどの市町村で、男性不妊への助成金制度もアリ

また、京都府内の市町村のほとんどで、男性不妊への助成金制度が実施されています。

これも、全国的に見て、極めて珍しいケースですね。

これは無精子症で行われる採精手術に対して助成金を出す制度で

  • TESEなど、精巣から採精するケース  ・・・1回につき20万円
  • MESAなど、精巣上体から採精するケース・・・1回につき5万円・年間20万円

までを、自己負担額の1/2を限度に助成するというもの。

以下の自治体で実施されています。
舞鶴市、綾部市、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、南丹市、木津川市、久御山町、井手町、精華町、京丹波町

以下、京都府の自治体で実施されている助成金を一覧にしました。

自治体 助成金(限度額) 利用可能回数
京都市
舞鶴市、綾部市
宇治市、亀岡市
城陽市、向日市
長岡京市
八幡市、京田辺市
南丹市、木津川市
久御山町、井手町
精華町、京丹波町
男性不妊
 TESEなど精巣からの採精 200,000円/回
 MESAなど精巣上体からの採精 50,000円/回 200,000円/年
自己負担額の1/2
要問合せ
全市町村 一般不妊治療
 人工授精は10万円/年
 そのほかは6万円/年
自己負担額の1/2
助成回数や助成期間には制限無し

見出し_妊活とお金013見出し_妊活とお金023

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ