知っておきたい!卵子・卵巣を弱らせる病気

不妊治療を受けている途中でも最初の検査段階でも、何らかの病名を告げられた時には、それを冷静に理解できるようにしたいものです。

特に卵子の老化に影響を与えるものについては、「時間との戦い」という側面が強くなりますから、尚更ですね。

ここでは、卵子の老化に悪影響を与える病気に絞って書いていきます。

子宮内膜症は卵子の老化に影響する

子宮内膜症で卵子の数が減る

子宮内膜症は、本来子宮の内側にできる「子宮内膜」が子宮以外の部分に出来てしまう症状です。

子宮内膜は、月経時に子宮から剥がれ落ちて、体外に排出されるものです。

ところが、例えばこれが卵巣内に出来てしまうと、体外に排出できません。

それで、卵巣に血液がたまって卵巣組織を減らし、卵子の数を減らしてしまうのだそうです。

子宮内膜症で、卵子の質が低下する

また、血液がたまることで卵巣の周囲に炎症と癒着を起こすので、卵巣周囲の血流が悪くなります。

そのため、卵子の質が低下します。

その他にも、卵管の通りが悪くなったり、排卵された卵子を卵管が捕まえる機能が低下したりします。

卵子にとっても、卵巣にとっても非常に悪い影響が出てしまいますね。

子宮内膜症が悪化するとチョコレート嚢腫に

子宮内膜症が卵巣内にできて、卵巣内に血液がたまった場合、悪化するとチョコレートのようなドロドロした液を含む嚢腫ができることがあります。

これをチョコレート嚢腫と言います。

チョコレート嚢腫が大きくなると、最悪、卵巣が破裂することもあります。卵子の発育が妨げられる上、卵巣がんになってしまうこともあるようです。

甲状腺ホルモンの異常

甲状腺ホルモンの値に異常があると、無排卵になったり、流産・早産のリスクが出てきたりすることがあるそうです。

不妊治療を受ける場合は、過去に甲状腺異常の症状があった場合は、しっかりと伝えて下さい。

クラミジア感染症

クラミジアは、自覚症状のない感染症です。

それだけに、不妊治療の開始直後やブライダルチェックでは、必ず検査をしておいた方が良いですね。

卵管が閉塞閉塞したり、卵管が周囲の臓器と癒着したりすることで、排卵できなくなることがあります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

多嚢胞性卵巣症候群は、卵胞が育っても、卵巣から卵子が出てくることが出来ず、結果として、卵巣内に卵胞がたくさん残ってしまう症状のことです。

PCOSとも言われています。

他の卵胞も上手く発育しにくくなってしまいます。排卵しにくくなってしまうため、妊娠に大きく影響してしまいます。


なお、最近は、多嚢胞性卵巣症候群のサポートを視野に入れた妊活サプリも登場しています
興味のある人は次の記事も参考にしてみてください。


RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 卵子の質を上げるサプリ043_S多嚢胞性卵巣症候群042_S

サブコンテンツ

このページの先頭へ