不妊治療の初診はどの様に行われるのか

  • LINEで送る

不妊治療のために初めて病院を訪れる時は・・・ドキドキするものです。

不妊外来も不妊治療専門医も、とにかく混んでいることが多いです。
医師の説明や看護師の処置もテキパキと進んでいきますが、流れをあらかじめ頭に入れておかないと、頭がついて行けなくなります。

そこで、最初の通院時のおおまかな流れを書いていきたいと思います。

基本的には、問診⇒基本的な検査⇒今後の説明で初回は終わりになります。

まずは問診からスタート

どこの病院でもそうですが、最初は問診から始まります。

ちなみに問診票は、病院のHP上から予めダウンロードできるようになっている場合があるので、事前記入するようにしておいた方が良いです。

それと、基礎体温表を忘れないようにして下さいね。
基礎体温表を持っていかないと怒られる病院もあるようです。

基礎体温表と問診票をベースにして問診が始まりますが、医師が確認したい内容は以下のようなことですね。

  • 受診理由
  • 月経の状態(女性)
  • 勃起、射精、マスターベーション(男性)
  • 夫婦生活の頻度や避妊期間
  • 過去の妊娠、流産、出産など
  • 既往歴や生活全般

結構、答えづらいこともありますが、今後の治療に必要な事なので、ハッキリと答えて下さい。

医師は仕事として聞いているだけですから、何を言ったとしても、情報として処理しているだけです。

基本的な検査(女性)

  1. 内診
  2. 超音波検査
  3. 血液検査・尿検査(やらないところもある)

まず、最初に内診台に上がるように言われ、視診・触診によって、膣・子宮の状態を確認していきます。

その次に、子宮や卵巣の状態を超音波で検査します。

最後に、血液検査は、ホルモン検査のためのものである場合が多いですね。
⇒検査結果は次回診察時に言われる

基本的な検査(男性)

  1. 視診・触診
  2. 精液検査

まず、陰嚢・睾丸の状態を調べます。

院内のトイレ、もしくは採精室でマスターベーションを行い、渡された容器に精液を入れます。

不妊治療専門医であれば、採精室が完備されていて、アダルトビデオやエロ本が用意されています。
⇒検査結果は次回診察時に言われる

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ