三重県の不妊治療助成金について

三重県の不妊治療に対する助成事業はとても手厚いです。全市町村で行っている県助成への上乗せのほか、多くの市町村が、助成男性不妊への助成、二人目不妊への助成、さらに不育症への助成も行っています。

三重県の不妊治療への取り組みはきめ細かい

三重県の不妊治療に対する助成制度は、市町村が裁量権を持ちつつも、全県としてしっかりとしたしくみを作っている印象が強いです。

三重県で受けられる助成金には4種類あります(市町村によっては受けられない場合があります)。

  1. 三重県が行っている「三重県特定不妊治療費助成事業」⇒体外受精・顕微受精
  2. 市町村が、県の助成に上乗せする助成金
  3. 市町村が、男性不妊に対して行う助成事業
  4. 市町村が、二人目不妊に対して行う助成事業

三重県特定不妊治療費助成事業

国が定めている「不妊に悩む方への特定治療支援事業」を三重県が実施しているものが、「三重県特定不妊治療費助成事業」で、これは体外受精と顕微授精を対象としたものです。三重県で助成する金額・回数については、国が定めている通りで、特に他の都道府県と比べて違いがあるわけではないです。

詳しくは、「国と区市町村の不妊治療費助成金について」を見て下さい。

市町村が三重県の助成に上乗せ助成してくれる

【全市町共通】※ただし助成回数は市町によって異なる

三重県の全ての各市町村では、三重県の助成額にさらに、
1回あたり10万円の上乗せ助成
をしてくれる助成制度があります。助成回数は市町村によって異なるのですが、最も少なくとも、1年度に1回、通算5年度は助成してくれるようですね。

ただし、これは上乗せ助成ですから、県の助成が受けられる治療についてのみが対象となります。また所得制限があって、
前年の夫婦の所得合計が400万円未満
という所得制限が定められています。

男性不妊に対する助成

【市町によって異なる】

県助成の対処となる体外受精・顕微受精で男性不妊の治療が必要になった場合、例えばTESEなどで精子を精巣から回収する手術をするような時は、市町村によっては男性不妊に対する助成を出します。

現在のところ、1回あたり5万を限度に助成するところがほとんどですね。

二人目不妊に対する助成

【市町によって異なる】

二人目不妊に対する助成を行っている市町もあります。

40歳未満で、平成26年度以降に初めて県助成の申請をした人が対象になるのですが、県助成の通算助成回数を使い切ってしまっている場合、市町村が2回分だけ助成を延長して、通算8回の助成を受けられるようにするというものです。

二人目不妊は、夫婦ともに年齢が高くなっているケースもあ多いので、タイミング法や人工授精をジャンプアップして、いきなり体外受精や顕微受精に入るケースも多いです。そうなると、こういった制度はとても有難いです。

三重県の市町村ごとの不妊治療助成制度一覧

三重県に住んでいる場合、上に書いた4つの制度のどれがうけられるのか?ということが大切になるので、下の一覧表にまとめてみました。

また、今年は国の「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の移行期間に当たっていて、不妊治療の制度がかなり複雑になっています。不妊治療の助成を検討する場合は、必ず、在住の市町村に問い合わせてくださいね。

なお、下表「上乗せ助成」の欄で、*がついているのは、助成回数が県の助成回数に準じているものになります。

市町村名 上乗せ助成 男性不妊助成 二人目不妊助成 その他の助成
津市 * 50,000円/回 アリ 人工授精
桑名市 年度1回、5年間 50,000円/回 特定不妊治療
(市単独事業)
40,000円/年
四日市市 年度1回、5年間
鈴鹿市 年度1回、5年間 人工授精
松坂市 * 50,000円/回 アリ
伊勢市 年度1回、5年 一般不妊治療
渡会市 要問合せ
伊賀市 * 50,000/回 アリ
尾鷲市 要問合せ
熊野市 要問合せ
いなべ市 年度1回、5年 市単独事業
100,000円/回
菰野町 年度1回、5年
亀山市 * 50,000円/回 アリ
多気町 要問合せ
鳥羽市 年度1回、5年 50,000円/回 アリ 人工授精
30,000円/回
年度1回、通算5回
南伊勢町 要問合せ
名張市 年度1回、通算5回
紀北町 年度1回、通算5回
50,000円/回 アリ
御浜町 * 50,000円/回 アリ
木曽岬町 要問合せ
朝日町 年度1回、5年
明和町 150,000円/年
要問合せ
一般不妊治療
100,000円/年
志摩市 * 50,000円/回 人工授精
30,000円/年
5年間
大紀町 要問合せ
紀宝町 年度1回、5年
東員町 年度1回、5年 町単独
200,000円/年
通算5年間
川越町 年度1回、5年 50,000円/回 アリ
大台町 年度1回、5年
玉城町 年度1回、5年

※紀北町の県助成への上乗せ助成制度での助成回数は、
夫婦の前年度合計所得額が
400万円未満 ⇒ 年度1回、通算5回
400万以上730万円未満 ⇒ 年度1回、通算3回
となっている。

見出し_妊活とお金013見出し_妊活とお金023

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ