富山県 市町村独自の不妊治療助成制度について

富山県の不妊治療助成制度について調べてみました。県として行っている「特定不妊治療費助成事業」は、国が定めたものをそのまま行っていて、特に上乗せなどはしていないが、市町村独自の助成制度は金額が手厚くなっているのが特徴。一般不妊治療にももう少し助成があれば理想だと思います。

富山県在住の人が受けられる不妊治療費の助成制度に関して

富山県に住んでいる人は、
・国が定めて県が実施している「特定不妊治療費助成事業」
・市町村別の不妊治療助成制度
のどちらも利用することが出来ます。

県が実施する「特定不妊治療費助成事業」は県が窓口になっていて、市町村別の助成費については市町村が窓口になっているので、それぞれ別々に申請をする必要があります。ただし、富山市は国が定めた「特定不妊治療費助成事業」の実施自治体になっているので、富山市在住の人は、全ての窓口が富山市になります。

富山県の市町村独自の不妊治療費助成制度について

富山県の市町村が独自に行っている不妊治療費助成制度については、いくつかの特徴があります。まず、全体的に助成金額が多いですね。最もスタンダードな助成金額が年間30万になっていて、体外受精・顕微受精を行う場合は、かなり大きな助けになってくれます。また、富山市を除く全ての市町村が、市町村独自の助成制度を設けているのも特色。

ただし、残念な点は、一般不妊治療に対する助成を行っている市町村が、射水市だけにとどまっていること。射水市は、一般不妊治療・特定不妊治療合せて、年間30万の助成をしてくれます。さらに年度内の回数制限がないため、1回当たりの金額が数万円の一般不妊治療でも、十分に活用できる制度になっています。

富山県の市町村別の不妊治療助成制度一覧

以下に、富山県の市町村が独自に行っている不妊治療費助成制度の一覧を掲載します。

自治体 助成金(限度額) 利用可能回数
高岡市 100,000円/回 富山県の助成を受けた治療に対して
1年度3回を限度
射水市 300,000円/年
特定・一般合わせて
年度内の回数制限無し
魚津市 300,000円/年
※1回あたり200,000が限度
氷見市 300,000円/年
滑川市 100,000円/回 年3回
黒部市 300,000円/年 年度内の回数制限なし
砺波市 150,000円/回 年2回
小矢部市 300,000円/年
南砺市 300,000円/年
舟橋村 300,000円/年
上市町 200,000円/年 3年間
立山町 100,000円/回 1年度2回
入善町 (自己負担 – 県の助成)× 1/2
150,000円/回、300,000円/年
朝日町 150,000円/回 年度3回

見出し_妊活とお金013見出し_妊活とお金023

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ