新潟県の市町村別の不妊治療助成制度について

  • LINEで送る

新潟県は、全32市町村のうち、明確に市町村独自の不妊治療助成制度が確認できたのは24市町村で、全体の75%。決して悪い数字ではないのですが、他の都道府県と比べて、ホームページ上での案内が簡素すぎる傾向がありました。また、支給額も全体に少な目。町議会や村議会の議事録など見ると、少ない予算の中でなんとかして制度を作ろうとしている人の姿が垣間見えますが・・・新潟県の市町村別の不妊治療助成制度・・・もうひと踏ん張りしてほしいと・・・ついつい願ってしまいます。

新潟県が実施する「不妊に悩む方への特定治療支援事業」には上乗せがある

新潟県の在住の場合、
・国が定めて新潟県が実施していている「不妊に悩む方への特定治療支援事業」
・市町村独自に実施している不妊治療費助成事業
の2つがあります。

新潟県が実施している「不妊に悩む方への特定治療支援事業」は新潟県が、市町村独自に実施している不妊治療費助成事業については在住の市町村が、それぞれ窓口になっていますので、どちらにも申請を出す必要があります。ただし、新潟市在住の場合は、どちらも併せて新潟市が窓口になっています。

ところで、県が実施する「不妊に悩む方への特定治療支援事業」は国が定めた助成金制度なのですが、新潟県の場合、他の都道府県より若干助成額が多くなっています。これは、「新規に治療を開始した日から1年間」に限り、各回の助成額に5万円の上乗せをするというものです。卵子の老化などを考えると、不妊治療は少しでも若いうちに行うべきですから、そういう意味では、不妊治療助成の目的に沿った、とても良い仕組みだと思います。

新潟県の市町村別の不妊治療助成制度について

新潟県の市町村別の不妊治療費助成事業を見ていると、全体的に助成額が抑えられている感じがします。特定不妊治療(体外受精・顕微受精)の1回あたりの助成費は8万円がスタンダードになっていて、1回あたり10万円の助成額が設定されていても、助成回数が5~6回に絞られているところが多く、財政事情の厳しさがうかがえます。

また、長岡市、三条市では、これまであった不妊治療助成費が廃止されていますし、市町村によっては、県で実施されている助成事業についてすらホームページに情報が掲載されていないケースもあります。

そんな中で、佐渡市の不妊治療助成制度が目を引きます。佐渡氏は佐渡島にあるので、本州に渡るためには船が必要なのです。そこで、市外の医療機関に通院した場合には、船の運賃を助成してくれるんです。金額的なもの以上に、こういった「配慮」は、不妊治療に取り組む人の心を少しでも温めてくれますね。

また、魚沼市の「夫婦それぞれで治療を受けた場合はひとりずつ申請可」という制度も特徴的。男性不妊の場合、妻とは別に泌尿器科にかかることもありますから、こういった制度はありがたいです。

新潟県の市町村別の不妊治療助成制度の一覧

以下、新潟県の市町村別の不妊治療助成制度のデータをリストアップします。ホームページ上などでの情報公開があった市町村をリストアップしています。今年は助成制度が切り替わる年度のため、色々な移行措置が取られている場合もあるので、助成制度を利用する場合は、必ず詳細を市町村に問い合わせてください。

なお、*がついている助成限度額については、(自己負担額 ― 県の助成金額)×1/2と比べて金額の低い方が、市町村からの助成額になります。

自治体 助成金(限度額) 利用可能回数
柏崎市 ステージA,B,D,E 75,000円
ステージC,F 37,500円
1年度に2回、通算5年
新発田市 100,000円/年* 通算5年度
小地谷市 80,000円/回 1年度目は年3回、以降年2回
通算5年間、通算10回
加茂市 100,000円/回*
十日町市 100,000円/回* 1年度に1回、通算5年
見附市 80,000円/回 1年度に1回、通算5年
村上市 100,000円/回* 1年度目は年3回、以降年2回
通算5年間、通算10回
燕市 80,000円/回* 40歳未満:通算6回
40歳以上:初年度3回、2年度目2回
糸魚川市 80,000円/回
※特定・一般合わせて助成
1年度1回、通算5回
妙高市 100,000円/年* 通算5年度
五泉市 特定不妊治療 150,000円/回* 1年度目は年3回、以降年2回、
通算5年間、通算10回
一般不妊治療 100,000円/年
※自己負担額の1/2を限度
通算5年度
上越市 80,000円/回
自己負担額の3割を限度
通算5回
阿賀野市 100,000円/回 1年度に1回、通算5回
佐渡市 県の助成金額の1/2
※市外の医療機関に通院した場合、
佐渡汽船「島発2等往復きっぷ」発売額に
利用回数をかけた金額を助成
40歳未満:通算6回
40歳以上:初年度3回 2年度目2回(通算5回)
魚沼市 80,000円/年
※夫婦それぞれで治療を受けた場合は
ひとりずつ申請可
1年に1回、通算5年間
南魚沼市 130,000円/回 通算6回(年間制限なし)
人工授精 30,000円/回 1年度1回、通算2年間
胎内市 150,000円/年 通算5年間
聖籠町 100,000円/回 40歳未満:通算6回
40歳以上:初年度3回、2年度目2回(通算5回)
弥彦村 80,000円/回* 40歳未満:通算6回
40歳以上:要問合せ
田上町 80,000円/回 40歳未満:通算6回
40歳以上:初年度3回、2年度目2回(通算5回)
湯沢町 100,000円/回 1年度2回、通算5年
関川村 100,000円/年*
※特定・一般合わせて
通算5年間

見出し_妊活とお金013見出し_妊活とお金023

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ