【妊活体験記】妊娠を妬ましいと思うのは自然なこと

ハンドルネーム:まゆち
年齢:36歳
血液型:O型
家族構成:夫、長男(4歳)、次男(1歳)
現状:妊活を終了
子供:あり
妊活中に仕事をしていたか:はい
不妊治療を受けた経験は?:ある

妊活中は、どうして私だけ・・・といった気持ちが大きかった

私の妊活の期間は、自己流で2年、通院1年のトータル3年です。
その間、友人の妊娠報告はもちろん、友人の結婚も心から喜ぶことができませんでした。

また、妊娠について色々と聞くことになるかもしれないと思いました。

妊婦さんや赤ちゃんを連れた人を見ると、自分はあの人と何が違うんだろう、と思っていました。

そして、妬ましい気持ちになるたび「こんな気持ちになるから、赤ちゃんが来てくれないのかな」、「幸せな人を見て卑屈になるなんて、自分はおかしいのか」と思ったりもしました。

「なぜ赤ちゃんがほしいのか」、「赤ちゃんがほしいと思うのは、自分のエゴじゃないか」と落ち込んだこともあります。

親の発言に傷つき、妊活中は距離をとりました

妊活中、一番私を傷つけたのは、実母です。

私が妊娠できずに悩んでいることを知っているにも関わらず、知人(私が直接知らない人も含めて)の妊娠・出産の報告をされました。

特に、生理が来た直後のそういった報告は辛く、その日は何も手につかないほどでした。

実母だから冷たくするわけにはいかないと我慢していました。
ですが、あまりにも無神経な発言が続くので、思い切って距離を開けることにし、必要最低限の連絡のみにしてしまいました。

親と距離を取ることについては批判的な意見もあると思いますが、私は距離を取ってよかったと思います。

自分自身を責めすぎないで

妬ましい気持ちになるとき、自分を責めてしまうことが多いと思います。
でも、妬ましい気持ちになることは自然なことです。

だって、妊活って辛いんです。

頑張ったら絶対に授かるというものでもないし、妊活中はまるで出口の見えないトンネルにいるように感じます。

妊活を頑張っているほとんどの人は、妊婦さんを妬んだことがあるはずです。

妬ましい気持ちになる原因は、できるだけ排除する。
そして、できるなら、妬ましい気持ちをどこかに吐き出して、少しスッキリしてください。

吐き出して、共感してくれる人を見つければ、自分を責める気持ちが少し軽くなりますよ。

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ