葉酸サプリの価格を比較!価格は成分で決まっている?

葉酸サプリの価格を比較すると、安いものから高いまで大きな開きがあります。
それにしても、この価格差は、一体どこから出てくるのでしょうか?

調べてみたところ、葉酸サプリの価格のほとんどが、葉酸以外の成分で変わっています
しかも、妊活にとっては、かなり重要な成分です。

葉酸サプリの価格を比較

まずは、有名な葉酸サプリの価格を書き出してみます。
分かり易くするために、定期購入と単品購入の価格のみを記載します。(「夫婦セット」みたいなものは割愛します。)

  • 美的ヌーボ
     定期Ⅰ 6,804円 / 継続義務 ×   / 返金保証 ×
     定期Ⅱ 6,048円 / 継続義務 6ヶ月 / 返金保証 ×
  • ベジママ
     定期  4,680円 / 継続義務 ×   / 返金保証 ○
  • ベルタ
     定期  3,980円 / 継続義務 6ヶ月 / 返金保証 ×
  • オーガニックレーベル葉酸
     定期  3,960円 / 継続義務 3ヶ月 / 返金保証 ×
  • AFC
     単品  1,800円
  • ピジョン
     単品  954円
  • ディアナチュラ
     単品  325円
  • DHC
     単品  248円

葉酸サプリの価格を比較すると・・・

それにしても、凄い価格差ですね。
数百円のものから数千円のものまであって、一番高い美的ヌーボは、DHCの25倍くらいの価格になっています。

葉酸サプリの価格帯として見ると、
DHC、ディアナチュラ、ピジョンの低価格帯
美的ヌーボ、ベジママ、ベルタ、オーガニックレーベルの高価格帯
に分かれ、AFCがその中間となっています。

葉酸サプリの定期購入は、値段以外にも気を付けることが・・・

高価格帯の葉酸サプリを定期購入する場合は、ひと月あたりのコストだけでなく、継続義務や返金保証についても考えた方が良いです。

特に「最低~ヶ月の継続が必要です」という「継続義務」には注意しましょう。
とりあえず、1ヵ月だけ試して・・・ということが出来ませんから、体に合わない場合にはお金が無駄になってしまう可能性もあります。

上にあげたものの中ではベジママと美的ヌーボだけが継続義務が無いですね。いずれも、休止・解約が自由になっています。

また、体に合わないなどの理由で、「返金してほしい~」と思った時に有難い「返金保証」も大切
返金保証がついているのは、上のリストの中ではベジママだけです。

葉酸サプリには、葉酸以外の成分も含まれている

さて、上で書いてきた「価格の開き」なんですが、同じ葉酸サプリなのに、どうしてこんなに値段が違うのかを徹底的に調べてみました。

すると葉酸サプリに含まれている成分によって、価格が大きく変わっているということがわかったのです。

葉酸サプリに含まれている成分

葉酸サプリには、実は「葉酸」以外の成分も含まれています。

葉酸サプリだったら、「葉酸」だけ入っていれば良いのでは?と思うかもしれませんね。
でも、実際には、葉酸以外の成分がサプリに入っていることで、妊活する人には大きなメリットがあるのです。

どんなメリットがあるかは、この記事の最後の方で説明させて下さい。

さて、葉酸以外の成分を大きく分けると、

  • 葉酸の吸収を助けるビタミンB群
  • その他のビタミン類
  • ミネラル類
  • その他の成分

の4つです。

これから、それぞれの成分について、なぜ必要なのか?価格差を生み出す原因になっているのか?について書いていきたいと思います。

葉酸の吸収を助けるビタミンB群

ビタミンB群と呼ばれているビタミンのグループがあります。
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、そして葉酸がそれにあたります。

ビタミンB群は、一緒に摂ることで効果を発揮しやすくなると言われています。
そのため、葉酸を吸収しやすくするために、ビタミンB群が含まれることが多いです。
中でも、ビタミンB12は、葉酸の吸収を助ける成分として有名です。

実は上にあげた葉酸サプリには、全て、ビタミンB群が含まれているんです。
なので、ビタミンB群は価格には影響していないことがわかります。

その他のビタミン類

その他のビタミン類については、サプリによって含まれているものと含まれていないものがあります。

まず、それぞれの働きをまとめます。

  • ビタミンA・・・細胞・骨・神経、子宮内膜の材料
  • ビタミンD・・・カルシウムの吸収を助ける
  • ビタミンC・・・抗酸化作用があり、血流改善や細胞の老化を抑える働きがある
  • ビタミンE・・・抗酸化作用の他、妊娠ビタミンと言われていて、自律神経を整える

ビタミンAとビタミンDは、価格差に影響していない

上の葉酸サプリの中で、ビタミンAは美的ヌーボとベルタ葉酸サプリにだけ含まれています。
2つだけだとちょっと判断に迷います。
ただ、メーカーもビタミンAについては大きく取り上げていないので、あまり価格に影響していないかもしれませんね。

ビタミンDは、美的ヌーボ、ベルタ葉酸サプリ、AFC、ピジョンに含まれています。
高価格なものから低価格なものまで、万遍なく入っていることを考えると、価格には影響していないですね。

ビタミンCとビタミンEは、葉酸サプリの価格に影響している

同じビタミン類でも、ビタミンCとビタミンEについては、少し事情が違います。

高価格な葉酸サプリ4製品のうち、美的ヌーボ、ベジママ、ベルタの3製品に含まれていて、低価格な葉酸サプリには含まれていません

ビタミンCとビタミンEは抗酸化作用が強い成分の代表格。
活性酸素から卵子や精子を守ったり、血流改善によって卵巣や子宮の状態を良くしたりと、妊活の大きな助けとなってくれます。

妊活の大きなサポートになるビタミンCとビタミンEは、葉酸サプリの価格に影響しているようですね。

ミネラルは葉酸サプリの値段に影響する?

ミネラルの中でも、葉酸サプリの成分として登場してくるのは、鉄・カルシウム・亜鉛の3種類です。
この3つのミネラルは、妊活にも大きく影響する栄養素です。

では、それぞれの働きについて、下に書いてみます。

  • 鉄     ・・・血液の素になる。不足すると、血液が子宮や卵巣に運ぶ酸素量が減ってしまう
  • カルシウム ・・・胎児の骨を作る元になる
  • 亜鉛    ・・・精子の材料になったり、胎児の細胞分裂を助けたりする

鉄・カルシウムは、葉酸サプリの価格に影響しない

鉄・カルシウムは、美的ヌーボ、ベルタ、AFC、ディアナチュラ、ピジョンのいずれの葉酸サプリにも含まれています。
高価格なものから低価格なものまで、いろいろな葉酸サプリに入っている所を考えると、価格への影響はほとんどないですね。

亜鉛は価格に影響している?

ただし、亜鉛は、葉酸サプリの価格に影響していると思います。

亜鉛は美的ヌーボとベルタ葉酸サプリの2つに含まれていて、低価格帯の葉酸サプリには含まれていないのです。

亜鉛は、セックスミネラルと呼ばれている成分で、男性の精力剤にも入っています。
精力剤メーカーも、亜鉛が含まれている場合には、亜鉛を大々的にうたっているケースも多いです。

価格への影響はあるかもしれませんね。

そのほかの成分が、葉酸サプリの価格に大きく影響

高価格帯の葉酸サプリの特徴として挙げられるのが「その他の成分」になります。
低価格帯の葉酸サプリには、ビタミン・ミネラル以外の成分が全く含まれていません。

では、その他の成分というのは、一体どんなものなのか?
詳しく書いていこうと思います。

美的ヌーボにはDHA・EPAのカプセルが入っている

美的ヌーボは、ありとあらゆるビタミン・ミネラルが大量に入ったサプリです。
入っているだけではなくて量も多いです。

これだけで価格が高いのはうなずけたのですが、最近リニューアルして、さらに、DHAとEPAが摂れるカプセルが追加されました。

DHAやEDPAは、血液中の余分なコレステロールを取り除いて、血流改善をする働きがあります。
子宮や卵巣の状態を良くするために、血流改善は、妊活中必須のケアになります。

葉酸サプリで、DHAやEPAが摂れるのは美的ヌーボだけですね。

ベジママにはピニトール・ルイボスが入っている

ベジママにはピニトールと言う成分が入っています。

ピニトールは、血糖値を下げる効果がある他、多嚢胞性卵巣症候群の予防・改善効果があると言われている成分です。
妊活中で35歳を過ぎている人は、妊娠糖尿病にケアした方が良いですし、多嚢胞性卵巣症候群の人は妊娠糖尿病になりやすいと言われています。

また、ベジママに入っているもう一つの成分「ルイボス」も大切。
ルイボスは抗酸化作用が高くて、ビタミンCやビタミンEと同じく、血流改善の効果が期待できる成分です。

ベルタ葉酸サプリには美容成分がたくさん入っている

ベルタ葉酸サプリは、ちょっと異色なところがあって、美容成分がたくさん入っているんです。

ツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、マリンコラーゲン、黒酢もろみ、珊瑚カルシウムといった成分で、特に妊娠してからは肌荒れに悩まされる女性が多くなるため、これらの成分が入っているのだそうです。

オーガニックレーベル葉酸には妊娠成分がたくさん!

オーガニックレーベル葉酸には、一般的に「妊娠に良い」とされている成分がドサッと入っています

入っている成分と効果は以下のようなものです。

  • たんぽぽ   ・・・ホルモンバランスを整える
  • ローヤルゼリー・・・冷えを改善する
  • ザクロ    ・・・強力な抗酸化作用と血流改善、ホルモンバランスを整える作用
  • 生姜     ・・・体を内部から温める
  • マカ     ・・・滋養強壮・ホルモンバランスを整える
  • 高麗人参   ・・・滋養強壮
  • ルイボス   ・・・抗酸化作用と血流改善

これらの成分は、それぞれで1つのサプリメントを作れるくらい、ニーズの高いモノです。
特に、たんぽぽ・ローヤルゼリー・ザクロ・ルイボスの4つは、妊活雑誌などでも良く見ます。

葉酸サプリの価格を左右しているものは、葉酸サプリ以外の成分

ここまで見てきたように、葉酸サプリの価格を左右しているのは、葉酸以外の成分です。

ただ、ビタミンB群、ビタミンA・D、鉄、カルシウムについては、低価格帯の葉酸サプリにも含まれていて、葉酸サプリの価格を左右していません。

一方で、ビタミンC・ビタミンE・亜鉛は、高価格帯の葉酸サプリにしか含まれていないので、葉酸サプリの価格を左右しているようです。
ビタミンC・ビタミンE・亜鉛は、上で説明したように、妊活にとってはとても大切な働きをするものです。

さらに、価格帯を決定的に分けているのが、「その他の成分」ですね。

多嚢胞性卵巣症候群を予防・改善するピニトールや、たんぽぽ・ローヤルゼリー・ザクロ・ルイボス、DHA・EPAなど、「妊娠体質になるために効果がある」と言われている成分が入ることで、葉酸サプリの価格は高くなっているようです。

葉酸は、胎児の奇形防止のため、妊娠前1ヵ月~妊娠3か月の間に飲むように厚生労働省が通達を出している成分です。

妊娠してから飲むなら、葉酸サプリに含まれる成分は葉酸だけで良いのかもしれません。
でも、妊娠する前なら、妊娠体質に近づける成分も一緒に飲んでしまった方が良いかもしれませんね。

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




サブコンテンツ

このページの先頭へ