妊活で使う漢方薬には二種類あるって知ってますか?

  • LINEで送る

妊活で、漢方のお世話になっている人もいると思います。

私の場合、祖母が漢方大好きな人だったので、「漢方」であれば体に優しいという好印象があります。
一方で、「効き目がゆっくりで、早く治したい時に向いていない」という風に思っていました。

実は、漢方薬には二種類あって、効果も違うのです。
簡単に言うと本格的なモノと本格的では無いモノ

これ、初めて知った時に、あまりにも衝撃的だったので、ちょっと書いておこうと思います。

漢方薬には「エキス剤」と「煎じ薬」の2種類がある

病院で処方される漢方薬はエキス剤

病院で処方される漢方薬や、ドラッグストアで買える漢方薬って、錠剤とか粉末状になっていませんか?
一般的には、漢方薬って、見た目、普通の薬みたいな形状をしていると思います。

この漢方薬は「エキス剤」と言われていて、生薬を煎じた漢方薬の水分を飛ばして作られたものです。
錠剤などにするためには、乳頭やデンプンなどの混ぜ物が必要なため、元の状態の漢方薬よりも効果が落ちてしまうそうです。

漢方薬局で処方される「煎じ薬」

一方で、漢方薬局で処方される漢方薬は、袋の中に、植物の乾物や鉱物のようなものが入った状態で渡されて、それを家で土瓶や鍋で煎じて飲みますよね。

これは、病院で渡される「エキス剤」に対して、「煎じ薬」と呼ばれています。
この「煎じ薬」は、エキス剤が出来る前の状態なのです。

エキス剤にするための工程を経ないため、必要な成分がしっかりと摂れ、効果も高くなるというわけです。

エキス剤と煎じ薬の違い

エキス剤と煎じ薬では、実は全く効果が違って来る理由が他にもあります。

具体的に何が違うのか?ということについて、もう少し詳しく書いていきたいと思います。

煎じ薬はオーダーメイドの漢方薬です

漢方薬局で出される煎じ薬は、患者の症状や体調、生活習慣などに合わせて、色々な生薬を配合して作られます。

そのため、患者個々人の症状を詳しく聞くので、結構長い時間、色々なことを聞かれます。

患者の状態を細かくチェックして、その人に合った、いわばオーダーメイドの薬を出してもらっているわけです。

同じ「煎じ薬」でも、飲む人によって味が変わる?

患者の細かい状態に合わせて作られていることで、ちょっと不思議なことが起こります。

同じ煎じ薬を飲んでも、自分に合ったものを飲んだ時には「飲みやすく」感じるのに、他人の煎じ薬を飲むと、とても苦く感じたり、不味く思ったりします。

自分の体調にぴったりのものを飲んだ時だけ、飲みやすく感じるようですね。

ぴったり合った煎じ薬は即効性がある

煎じ薬は、自分のためだけのオーダーメイドの薬だけあって、飲むと即効性もあります。

考えてみると、今まで利用してきた漢方薬のほとんどが、

  • 病院で処方されたもの
  • ドラッグストアで買ったもの

のどちらかでした。

自分に合ったオーダーメイドの漢方薬ではありません。「効果が出るのに時間がかかる」と思っていたのも、なるほどな・・・と思いました。

漢方薬の価格

漢方薬の価格としては、煎じ薬は高くなります。
ひと月で2~3万円がスタンダードではないでしょうか。
価格が、煎じ薬の最大の欠点になりますね。

一方で、病院で処方されるエキス剤は、保険が適用されるので安価です。
ドラッグストアのエキス剤は、保険は適用されませんが、それでも煎じ薬よりは遥かに安価ですね。

錠剤などになっていて、持ち運びも便利ですし、煎じる必要がないので簡単に飲めます。

このように、エキス剤にも利点はあります。
でも、どうしても妊娠したい・・・と思った時の漢方薬としては、少し物足りないかもしれません。

  • LINEで送る

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ