肥満に対処して妊娠体質へ | 防己黄耆湯、大柴胡湯

  • LINEで送る

漢方でも、肥満妊娠の妨げになると考えます。

ただ、西洋医学とは違い、漢方では肥満を「水太り」と「固太り」に分けて考えます

水太りには、防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)、固太りには、大柴胡湯(だいさいことう)が処方されます。

水太りと固太り

水太りとは?

水太りと言うのは、体内に余分な水分が多すぎるために、体がむくんでしまっているタイプの肥満のこと。

汗をかきやすい、冷え性である、下半身がむくみやすいなどの特徴があります。
また、水太りタイプの場合、流産しやすいのでケアが必要です。

水太りになってしまうのは、余分な水分を摂りすぎが原因です。
水分が多いので、漢方で言う「水毒」の状態になっていて、そのために冷え性になっている場合が多いです。

体を冷やす作用のある、南国産のフルーツなどは控えた方が良いでしょう。

固太りとは?

固太りと言うのは、体格ががっしりとしているタイプの肥満のこと。

頭痛、肩こり、便秘、生理痛などの症状が出ることがあります。

体内に余分な脂肪・不純物などが蓄積していることが原因です。

肥満に効く漢方薬

水太りタイプの人には、防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太りタイプの肥満であれば、防己黄耆湯という漢方薬が処方されます。

体内に余分な水分がたまって水毒になっていますから、まずは余分な水分を取り除く必要があります。

防己黄耆湯はそのための代表的な漢方薬。

防己黄耆湯の中には、以下のような生薬が入っています。

  • 防已(ぼうい)・白朮(びゃくじゅつ)・・・水分を巡らせる
  • 黄耆(おうぎ)・・・汗の出し過ぎを止める作用
  • 大黄(だいおう)・・・便秘に効く

固太りタイプの人には、大柴胡湯(だいさいことう)

固太りの場合、まずは、脂肪をしっかりと代謝して、体重を減らさないとなりません。また、便秘であれば、その解消も必要です。

そのために処方される漢方薬が大柴胡湯(だいさいことう)。
脂肪を燃焼させて、体重を減らしてくれます。

大柴胡湯の中には、以下のような生薬が入っています。

  • 防已(ぼうい)・白朮(びゃくじゅつ)・・・水分を巡らせる
  • 黄耆(おうぎ)・・・汗を止める作用
  • 大黄(だいおう)・・・便秘に効く
  • LINEで送る

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ