妊活中のストレスに対処する漢方 | 加味逍遥散、抑肝散

  • LINEで送る

ストレスは、妊娠の妨げになります。なぜなら、ストレスによって活性酸素が発生し、そのため血流悪化、卵子や精子の質の低下へつながるからです。

漢方でも、妊娠するためにはストレスを取り除きます。

加味逍遥散(かみしょうさん)、抑肝散(よくかんさん)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)などの漢方薬ストレスに対処してくれます。

漢方ではストレスを「気滞」と言う

漢方では、「生きていくための活力の源」や「目に見えない生命エネルギー」のことを「気」と呼びます。

人間の体の中を「気」はまわっているのですが、「気」が滞ってしまうことを「気滞」と言います。

気滞の状態になると、何事にも前向きになれなかったり、気分がモヤモヤしたりします。喉がつかえたような感じがしたり、胸が何かが詰まった感じがしたりすることもありますし、生理周期が乱れることもあります。

こういった状態は、私たちが日常使っている言葉で「ストレス」とひとくくりにしているものですね。

こういった状況でイライラがたまっていくと、いずれホルモンバランスを崩し、生理周期も乱れてしまいます

この事態を防ぐための漢方薬は、以下のようなものです。

気滞(ストレス)に対処する漢方薬

ストレスに対処する漢方薬には、加味逍遥散(かみしょうさん)、抑肝散(よくかんさん)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)などがあります。

  • 加味逍遥散(かみしょうさん)・・・頭痛・肩こり・イライラ・冷えなどを解消する効果があります。
  • 抑肝散(よくかんさん)・・・神経の興奮を抑える働きがあります。
  • 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)・・・とても虚弱な人に処方するもので、気分を落ち着け、体力を補う働きがあります。

これらの漢方薬には、柴胡(さいこ)・薄荷(はっか)・牡丹皮(ぼたんぴ)・山梔子(さんしし)などの生薬が入っています。

柴胡(さいこ)・薄荷(はっか)は気分を晴らす働きが、牡丹皮(ぼたんぴ)・山梔子(さんしし)には、熱の症状を抑える働きがあります。

  • LINEで送る

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ