お血対策で妊娠体質 | 桂枝茯苓丸、桃核承気湯、温経湯とは

  • LINEで送る
漢方では、血流が悪くなることを淤血(おけつ)と言いますお血妊娠の大敵。

血流が悪化すると、妊娠体質からはほど遠くなってしまいます。卵巣に酸素・栄養素が行き渡らないため、卵胞がしっかりと育たず、質の良い卵子が育ちません。子宮周りの血流が悪ければ、子宮内膜が厚くならず、受精卵が着床しません。

そのため、妊娠体質になるには、漢方でも血流改善をすることがとても大切になります。

お血に対処するためには、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、折衝飲(せっしょういん)、温経湯(うんけいとう)などの漢方薬が使われます。

お血対策は妊娠体質の基本

漢方では、血が滞ることを淤血(おけつ)と言います。いわゆる、血液がドロドロの状態のことですね。

肩こりや腰痛の原因になったり、生理痛などの女性特有の悩みの原因になったりもします。

何故、お血になってしまうのか?というと、冷え・ストレス・過労・運動不足・不規則な生活などが挙げられます。

逆に、お血を改善して血流が良くなれば、卵巣や子宮に血液がスムーズに運ばれて、卵子がしっかり育ちます。子宮内膜もしっかりと育つので、受精卵を迎えるフカフカのベッドも、しっかりと作れます。

漢方では、お血が子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫などの原因にもなると考えます。これらの病気は不妊の原因になりますから、お血への対策は、まさに妊娠体質を作る上での基本になりますね。

血流を良くする漢方薬には何があるか?

お血に対処するために処方される漢方薬には、

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 折衝飲(せっしょういん)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 温経湯(うんけいとう)

などがあります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)と折衝飲(せっしょういん)は、お血を取り除いて、血流改善をする代表的な漢方薬です。
特に、折衝飲は、お腹が張りやすい人に処方されることが多いです。

また、温経湯(うんけいとう)は、妊娠体質に近づくための漢方薬として使われることもありますが、血流を良くして体を温める働きがあります。
特に、頭や顔は暑いのに、手足の先が冷える「冷えのぼせ」の人や、生理不順の人に処方されることがあります。

お血に対処するのに使われる生薬

お血に対処するための漢方薬には、どんな生薬が使われるのでしょうか?下に、良く使われる生薬とその効果についてまとめてみました。
※生薬と言うのは、漢方薬の材料になる、動植物などの天然素材のことです。

  • 桃仁(とうにん)・牡丹皮(ぼたんひ)・・・血を巡らせて代謝を良くする
  • 桂皮(けいひ)・・・気の巡りを良くする、上に昇った気をおろす
  • 紅花(こうか)・・・お血を取り除く
  • 牛膝(ごしつ)・・・水分代謝の改善
  • 大黄(だいおう)・芒硝(ぼうしょう)・・・下剤
  • LINEで送る

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ