妊娠するための漢方薬 | 当帰芍薬散とは?

  • LINEで送る

妊娠するための漢方について調べていると、必ず出てくるのが
当帰芍薬散 | とうきしゃくやくさん
という薬方。

この漢方薬、一体どんなものなのでしょうか?

当帰芍薬散の対象となる患者は?

疲れやすく、貧血気味の女性に処方される

当帰芍薬散は、妊娠体質に導くための漢方薬です。

特に、

  • 虚弱体質
  • 疲れやすい
  • 貧血気味

と言ったタイプの女性に出される漢方薬です。

当帰芍薬散の効能は?

そして、当帰芍薬散を飲むことで、

  • 体を温めて血流を良くする
  • 血液の量を増やす

といった効果が出てきます。

そのため、酸素・栄養素が子宮・卵巣にもしっかりと運ばれるようになり、子宮や卵巣に力をつけてくれるのです。

当帰芍薬散は産前・産後を通して、妊娠に役立つ

また、当帰芍薬散は「産前・産後の良薬」とも言われています。
そのワケは、妊娠前、妊娠中の諸症状に効くと言われている他、流産防止の効果もあるからです。

ホルモンバランスを安定させる働きもあるので、月経不順の改善に用いられる場合もあります。

使用している生薬は

当帰芍薬散の生薬一覧

生薬は、以下のものを使っています。

  • 当帰(とうき)・川芎(せんきゅう)・芍薬(しゃくやく)・・・血を補う・血行改善
  • 茯苓(ぶくりょう)・蒼朮(そうじゅつ)・沢瀉(たくしゃ)・・・体内の水分を代謝する

血を補う生薬は当帰・芍薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方される女性の場合、貧血気味で疲れやすいといった体質です。そのため、まずは血液を増やさないとなりません。

当帰(とうき)と芍薬(しゃくやく)は、血液を補ってくれます。血液を補うことで貧血を改善できます。

蒼朮は胃腸機能を回復させる

食物の栄養分が体内に吸収されなければ、疲労回復はしませんよね。

蒼朮(そうじゅつ)は胃腸の機能回復をさせます。

沢瀉と茯苓が水毒を改善する

漢方では、水分が体内に必要以上に存在している状態を「水毒(すいどく)」と言います。余分な水分によって体内は冷やされてしまい、血流が悪くなります。そのため、その余分な水分を代謝するのが、この沢瀉(たくしゃ)と茯苓(ぶくりょう)という生薬になります。

沢瀉(たくしゃ)と茯苓(ぶくりょう)は体中にたまった、余分な水分を代謝します。

当帰と川芎が血流を改善する

そして、最後の仕上げとして、整った体内で血液を巡らせて、貧血・虚弱体質を改善するわけです。

当帰(とうき)と川芎(せんきゅう)は、血流を改善する役割を負っています。

不妊ならすぐに当帰芍薬散・・・というわけではない

漢方では、「不妊」だからと言って、最初から当帰芍薬散を処方するということはあまり無いようです。

それよりも、まずは、妊娠するために必要な体質改善を行います。

冷え性の人は冷えを治す。胃腸が弱い人は胃腸を丈夫にする。ストレスがたまっている人は、ストレスを軽減する。こういったことを行って、まずは体質改善をしてから、当帰芍薬散で妊娠体質へ・・・という流れが一般的なようですね。

  • LINEで送る

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


サブコンテンツ

このページの先頭へ