ベジストーリーのグリーンルイボスティーを飲んでみました 

  • LINEで送る

ルイボスティーは、美容と健康、不妊症の改善にも良いということで有名ですよね。
赤い色と独特の風味で苦手な方もいるようですが、カルシウムやマグネシウムのミネラルが摂れるので、妊活にも良いことが沢山あります。

最近は、発酵させてある普通のルイボスティーではなく、非発酵のグリーンルイボスティーが妊活女子の間で人気なんだそうです。

そこで、フラボノイドが10倍だというベジストーリーのグリーンルイボスティーをさっそく試してみることにしました!

グリーンルイボスティー 基本情報

  • メーカー 関西鉄工株式会社
  • 原産国 南アフリカ共和国
  • 原材料 オーガニック グリーンルイボスティー
  • 内容量 60g(2g×30パック)
  • 形状  ティーバックタイプ 1包でティーカップ2回分
  • 価格 通常購入 1袋 1,699円(税別) プラス送料
    定期購入1~2袋 1袋 1,499円(税別) 送料無料/定期購入3袋以上 1袋 1,299円(税別) 送料無料
  • 返金保証 無し

ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いとは?

ルイボスという木は、世界で最も日照時間が長い南アフリカ共和国で栽培されています。
栽培されている場所は、セダルバーグ山脈に囲まれた限られた地域のみとなっており、冬は0℃夏は48℃という特殊な気候のなか、ルイボスは2年間掛けて成長するんだそうです。

この葉っぱを乾燥させたものがルイボスティーの原料になっています。
よくちまたでみかける赤いルイボスティーとグリーンルイボスティーの原料は一緒なんです。

では、違いはなにか?というと、葉を刈り入れた後の製造工程にあります。
赤いルイボスティーの場合は、刈り入れ後、30~35℃で約8時間発酵させ、茶葉が赤茶色に変色し、独特の香りがしてきたら天日で乾燥させるんだそうです。
グリーンルイボスティーの場合は、発酵させずに急速乾燥させます。
発酵させない為、栄養価が高いままフラボノイドも10倍以上多く含まれたものになるのだそうです。

ベジストーリーのグリーンルイボスティーはオーガニックで安心

ルイボスティーって、原料は海外の茶葉だけど大丈夫かな?とちょっと心配になったのですが、、、ベジストーリーのグリーンルイボスティーには農林水産省が定める有機JASのマークがちゃんと入っていました!

こうした国内認定がしっかりされていれば口にするのも不安がなくていいですね。
それに妊活中は、身体のことを大事に考えたいのでオーガニックが一番安心です。

ティーバックで簡単!気軽にいつでも飲める

茶葉と聞くといつも「正直めんどくさいなぁ・・・」と思うのですが、ベジストーリーのグリーンルイボスティーは大丈夫でした(笑)

ティーバックタイプなので、ティーポットやティーストレーナーを用意する必要もなく、飲んだ後の片付けで茶葉と格闘する必要もありません。
楽チンです!

これなら、ティーバックタイプなので「飲もう」と思ったらすぐ飲めますね。
せっかく買っても飲むまでに面倒な作業が多いと(片付けも)飲まなくなっちゃうので、めんどくさがりの私にとって簡単にすぐ飲めるというのは絶対条件です。

飲み方は、ティーカップならパック1包を入れお湯を入れたら2~3分蒸らして飲むように書いてありました。

1回で1~2杯飲めるということなので、1袋に30袋も入っていますから定期で購入したら1杯20円ぐらいということですね。
値段を気にせず飲めるのもポイント高いです!

グリーンルイボスティーはキレイな黄金色でした

封を開けると、紅茶と緑茶を足したようなちょっと青臭いような香りがしました。
ルイボスティーの独特のあの香りはしません。

今回、普通のルイボスティーと色の違いがよくわかるように、透明グラスで入れてみたらキレイな黄金色のルイボスティーが出来上がりました。

お湯を入れてすぐに色が出て来たのですが、どんどん濃くなっていくという感じではありません。
香りは、ほとんどしません。
しいていうなら、、、薄い日本茶?

今まで知っていた赤いルイボスティーと全然違うので、茶葉をティーバックから出して見てみたら殆どが薄い黄緑色でした。
ちょっと赤いような茶葉も混ざっていますが、日本茶よりも薄い黄緑の葉っぱだったので、なんとなく香りにも納得です。

クセがなく飲みやすいグリーンルイボスティー

飲んでみると、日本茶の紅茶ブレンドというかあまり味を感じませんでした。
お湯に入れる前のティーバックからは、青臭い匂いがしたので、もっと変な味がするかなと思ったのですが(笑)
酸味もなく、甘味も感じないのでかなりサッパリしています。

これなら意識せずに飲める感じですね。
発酵させないことで、通常の赤いルイボスティーとは全く違うものになるんだなぁとちょっとビックリしました。

試しに3分以上ティーバックを取り出さず、もっと濃く苦くなるかな?と思ったのですが濃くも苦くもなりませんでした。
2杯目を同じティーバックで入れてみたのですが、やはり薄い日本茶のような感じでした。

アスパラチンで抗酸化作用バッチリ

ベジストーリーのグリーンルイボスティーはオーガニックで身体にもお財布にも優しい飲みやすいものでした。

そして、成分のポイントはグリーンルイボスティーならではのミネラルの豊富さ!
妊活中の気になる鉄分不足やカルシウム不足をサポートしてくれるだけでなく、ルイボスティーに含まれているアスパラチンが酸化ストレスを抑制してくれるのも嬉しい効果ですよね。

アスパラチンはフラボノイドの1つで、ルイボスに含まれる特有の成分で強力な抗酸化作用を持っています。
グリーンルイボスティーのように、気軽に飲めるお茶なら卵子の老化防止用にも気軽にトライ出来て良さそうです。

  • LINEで送る

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




サブコンテンツ

このページの先頭へ