不妊治療を始める前に買いたい本|辞書代わりの1冊はコレ!

妊活、不妊治療に関する本をこれまで何冊も読んだんですが、知識的なことで分からなくなった時に手元に置いておきたい本・・・という意味でお勧めなのが
「はじめての妊活スタートブック 赤ちゃんが欲しい時に読む本」
です。

不妊治療を受けると、難しい言葉を調べる本が欲しい

不妊治療を受けるようになると、山のような「難しい言葉」を医師から言われます。しかも、一般的には、あまり説明してくれない医師が多いんですよね。質問しようとしても、怖くて質問できない雰囲気だったりもするし(汗)。

そこで、不妊治療の時には、辞書代わりになる本を一冊持っておくと便利です。病院に言って、医師の話をメモするだけしてきてから、家帰って調べるというのも出来ますし、疑問が出てきたら本で調べて、それを土台に、次の診療での質問内容を考えることができます。

妊活本は雑誌を買うか?単行本を買うか?

妊娠したいって想いで妊活本を購入する時、まず迷うのが、雑誌を買うか?単行本を買うか?っていうところ。雑誌は、写真が多くて、カラフルで読みやすそうです。でも、辞書代わりとか、不妊治療をやっていく上で購入する本を選ぶなら雑誌はオススメしません。

雑誌は、宣伝が多くて、「知識」は広く浅く・・・が一般的に多いからです。

そのため、1冊買ったからと言って、不妊治療で出てくる疑問を調べられるほどの情報はありません。

知識が一通りそろう本

「はじめての妊活スタートブック 赤ちゃんが欲しい時に読む本」は、知識が一通り網羅できますね。

まず、女性の体の仕組み、男性の体の仕組み、月経、射精、受精、妊娠といった子供が出来るまでの一通りの知識が、全部解説されています。さらに、不妊治療に関する一般的な知識を解説しています。この中では、排卵誘発剤などの不妊治療に用いられる薬や、不妊治療での検査内容を細かいところまで解説してくれています。

また、体外受精や顕微受精などの高度不妊治療についても解説が載っているので、治療を受ける前に読んでおくと、医師から何か言われても「あ~、それ聞いたことある!」って、少し気持ちにゆとりが持てますよ。

それと不妊の原因になる病気についての解説も載っています。不妊治療で出てくる病名は、いかにも重そうな名前がついていることが多いので、実際どんな病気なのか?ってことが書かれている本が一冊あると、医師の話を冷静に聞くことも出来ます。

こんな風に、この本は、本当にたくさんの知識が載っています。診療に行く前、医師から話を聞いた後などに辞書として使うには、最適だと思います。

知識は身につくけど、ちょっと教科書的

ただ、この本の欠点は・・・
最初から最後まで通して読める本ではない
ということ。

情報量が多いので、調べるには良いのですが、最初から通して読んだからと言って、一度に全部頭に入れられる量じゃないんです(汗)。読んで「面白い!」って思えるものではないですね。読みやすさなら雑誌の方が良いと思います。

RN_妊活サプリ見出し_01RN_妊活サプリ見出し_02 RN_妊活サプリ見出し_03RN_妊活サプリ見出し_04 マカサプリ_04 葉酸サプリ_04




RN_妊活サプリ見出し_05RN_妊活サプリ見出し_065
卵子の質を上げるサプリ043_S冷え対策の妊活サプリ031_S 多嚢胞性卵巣症候群042_S男性用の妊活サプリ032_S




妊活とお金の話RN_医療保険見出し_01


妊活と運動

サブコンテンツ

このページの先頭へ